赤ちゃんのアトピーとカブレ

ぷくぷくかわいいほっぺの赤ちゃん。ほっぺと同じようにお尻だってお腹だって柔らかくて繊細なんです。特に夏場ずっとオムツをはいているとオムツかぶれを起こしちゃいますよね。オムツかぶれを起こしちゃうと不快で泣いちゃうこともしばしば、そんな顔見たくありませんよね。
【オムツかぶれ対策には?】
まず、蒸れさせないこと。こまめにオムツを替えて通気をよくします。布オムツを使うのがオススメですが、よく動く2歳頃は取れてしまったり嫌がったりとちょっと大変です。オムツを取るために付けるのが本来の用途かもしれませんが、新生児の動きが活発でない頃にオムツかぶれ対策に使えば手軽でいいですね。もちろんこまめに替えてあげて下さいね。うんちの後はよくふいて清潔に保ちます。その時、ベビーパウダーをかるくはたいてあげます。
【もしオムツかぶれになってしまったら】
赤ちゃんの肌はデリケートです。どんなに気を付けていてもオムツかぶれを起こしてしまうかもしれません。そんな時は、熱すぎないほっとタオルで優しくふきます。そして、おふろで清潔に洗った後、薬をつけるのもひとつの手ですね。サトウ製薬さんのポリベリーがおすすめです。赤ちゃんの肌にも使えて優しく効きます。
普段からのこまめなケアと時には薬もとりいれて赤ちゃんのつるつるお肌をまもりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です